FC2ブログ
西と思ったら東に行けば間違いない
自分が楽しんで書いてますが皆さんも楽しんで頂けると望外のよろこび
2019/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/11
・・ようこそ・・

9/30
この最後に出てくる動画がすごい好きでたまらんデイリーポータルZ『ティッシュを投げる』



2010/11/24(水) 21:48 つぶやき
パソコンから更新する日は語る日です
明日はベストヒット歌謡ですねえ~と思ったけど
今年は兄さん達は出ないでFAなんですよなコレ…?
正直アレは毎年バタバタしてて全体的にあんまりいい印象が無いので、
別にいいんじゃねーかと言う感じなんですが(すいません)
FNSに出るからいいんだモン☆
やっぱSPとゾロ様の話になるだろうか系列的に
あとはMステだよな!それと少クラだな!!ちょうたのしみ
もう本当…、そうだわ。
今年もありがとう皆さんのNHK様
よりによってイブの日にそんなニッチな特集ありがとうッ
ワタシのサンタは兄さんだからクリスマスイブがタノシミです!!
モノより思い出なのよねウフフ
お陰様でまだ今年もまだ約1か月半を残す段階で
良質のオアシスをソレはソレは沢山構築致しまして
毎日そこへ入り浸っております特に寝る前に。

ところでMステで思い出したが
∞コンとMステスーパーライブの日にちがかぶって、
テレ朝のえらいさんとかに都合つかんかとスゴい頼まれた話
でもコンサート決まってるんで…と、結局こっち来ましたーと∞くん達は言ってて
その時はまあ義理がたいわねえと思ったもんだが、
というかしかしそもそもそういう日程って双方かぶらない様に組むもんなのでは。
コンサートって、けっこう前から決まってそうな気もするんですが
逆にMステがギリギリとかなのかねえ。…かもねえ。
年末のアレは、別に必ずしも金曜日って訳でもないですもんね
なんかいつだったか金曜じゃないのにMステ~とか思った記憶があるよ。
似た感じで冬ツアーをやってたVも、
なんか広島の翌々日が福岡みたいな日程で(アニバコンの時ね)
その広島と福岡の間の日がMステスーパーライブだったが…
兄さん達忙しいなあと思ったけど、
確か∞のバッティングはその後の年の事だった様な。
けっきょくタイミングなんですかね
あの時のMステは兄さん達が約束を守ってくれて嬉しかったのですよフフ
過去ログにあるので詳細は割愛しますが、
Mステでちょっとしたおふざけをやろうつってじっさい決行してくれたという話。

さて
つづきは語ります
うんそう、年に3回くらいマジメになる日があるのよ。
年に一度男前になって必ずホームランを打つのは佐伯
そうではなくてですねえ。
…まあ、なんというか
ココ数日ずっと深い所で考えてる事があって、
ソロソロそれをまとめてみようかなあ。…と
そうしたらちった客観的になれるんじゃないかしらというので…
ズバリ言って原爆の話です。

でも、どういう風に入りましょうかね
とりあえずあのう。…自分は広島生まれの育ちなんですが
そんでまた(一応)市内であるので、
例えば広島でも福山とか呉だとまたちょっと違うかもしれないけど、
市内で育つとそもそも小学校の低学年から平和学習的な事をする訳ですね
もしかしたら幼稚園からでもやってるかもしれないが、
明確な記憶には無いんだけど…あー。でも園長先生のお話とかあったかも
だいたい自分が初めて平和記念資料館(あえての正式名称で)に行ったのは、
ちうか連れて行かれたという恰好ではあるが
ソレはそれこそ幼稚園児の頃だった…と思う。小学校にはまだ上がってなかった気が
しかし、何がどうとか理解できる年齢では到底なくて
正直その時はナニが何やらさっぱり分からず、
とにかく「怖かった」という印象が強烈だったのしか覚えてない
その最初の印象をずっと引きずってるのかもしれません。
それから、小中高と社会見学とか遠足とかいろいろな名目で何度も見学したが、
そんで間で修学旅行で長崎に行って
長崎の資料館にも入ったんですけれども
とにかく毎回その度に気が重くて仕方が無くなる
見学した後もまあそうなんですが、
する前からですねえ。…「ああ、今度の社会見学は資料館なんだ…」と
そう思っただけで、もう気が塞いでしまうんであります。
ほんとはねえ。…ほんとは
原爆という言葉でさえ自分の中ではタブーになってるというか、
できるだけ使う事を避けてるのだが
その事については自覚があるんですけどさ。
資料館にしてもそうなのだが、アレ先ほども言った様に正式には『平和記念資料館』です
まあNHKのニュースでさえも通り名というか
原爆資料館という名前を使ってあるのだが、
いつの間にか市民に浸透した名前。という事なんだそうですよ。
なんか自分は、
そんで高校生の時を最後にもう資料館へは見学に行ってないのだが、
社会人になったら自分から行かない限りは機会が無くなるんですね。
広島に住んでいてさえもそうなのよ
まあ、だからこそ行かないといけないんだろうなあ。…とは思うんだけど
なんと申しましょうか…。
現実に本当にあった事だというのは、当然分かっておるのだが
ソレをまた改めて明確な形で突きつけられるのが非常に辛い
それでも見ておかないといけないという事なんでしょうが、
だからこそ継承活動をなされておるのでしょうけど。で
どうして伝える必要があるのかというと、
ソレは忘れてはいけないから。じゃあ
なんで忘れてはいけないのか?…となると
繰り返してはいけない事だから。もう二度と…と言っても
広島の次に長崎で起きてしまったので、
三度目はあってはならないと訴えるという訳ですね…。
抑止には、つまり実際にこれほど酷い、むごい事があったと
真実を正面から伝えるのが一番効果的なんでしょうと思うのであります
難しい言葉でアレがああでこうなってコレに影響が出て、ソレだからいけませんでなく
(でもソレはソレでまた重要な活動だとも思うが)
直接的に、こうなりました。…と
そのものを訴える事が…

でもそのものと言ってもしかし、
全てを再現する訳には当然行かない訳です。
展示は五感の内の、主に視覚に訴えてくるもの。
それだけでも見るものには大変な衝撃があるのに、
じっさいは…
目で見えるものはたぶん無かったんでないでしょうかね。
見えたとして、暗闇で。その中で何もかもが酷い状態になってたんだし。
当然においもあるし、触覚というかね。触れるもの
何が当たってるのかも分からなかったと思う。
音も、音というか…。音声とでも言いましょうか。音と声と。声…って。
なんちうかね
そういう状況下で、自身も傷を負った状態で
火傷って非常に痛いんですのよね。そんで
周りは暗くて建物は破壊されてるので方向感覚も分からず、
家族とか友達の事を心配しながら
目に見えるものや、感じるにおいとか聞こえる音とかは…
そういう事を考えると本当になんていうかこう、かわいそうになあ。と思うんですわ
仮にその場では地下などにいて奇跡的に無傷だったりとかで
でも、だとしても目にする耳にするものは酷い状況でもって
やっと家に帰りついて安心してもその後から少しずつ体が悪くなっていく不安とか、
まあ…。逆にその。家で待ってる方からしたって。
ぼろぼろになって帰ってきた家族の世話をするのはつらかっただろうなあと
面影が全く無くて、なんとか声を聞いてやっと分かったとか
持ち物でどうにか判別がついたとか、
そもそも帰る家も家族も何も無くなってた人も沢山いた訳でして。…

そんな目に遭ってなお、
その経験を伝える事は本当大変でしょうから
忘れたいだろうし。というか覚えてたら精神的にもたんだろうと。
何も言わずに家族にさえ知らせずに、
亡くなってから初めて分かったという方も沢山いらっしゃいますし
むしろ、ソレが普通だと思うんですのよね。
そんなつらい事をそれでも伝えてくださろうとする方には本当に頭が下がるのです
なればこそ、大人になった今もう一度資料館を見学しとくべきだとも思うんだけど…
そう思う一方で、でも…。
自分の中で一番近い感情は「忘れたい」なんですよ。正直な所
言葉を、言葉の時点で避けているという段階でもう既にそうなんですけども。
今は余り言われる事は無いのだが
原爆ドームにしろ戦後すぐくらいは結構取り壊しの声もあったとか
保存の声も勿論あったのだが、
議論になる程度には取り壊し論もあったという風に聞いた事があり
そうして今も、本当は残してほしくなかったという声があるというので
ソレはそのー…。つまり、思い出したくないから。という事
その気持ちが分かる…ったって
ただ本で読んで話を聞いて、資料館を見学したというので
絶望的な苦痛や悲しみがどこまで分かってるんだと言われれば言葉に詰まりますが…
むしろ分かり得ない…というか。
分かるべきでないというのか。これからも分かっちゃいけない事なんだが
そうなのよね。
全部わかる…というのは不可能であるべきなので、
『繰り返してはいけない』何をか?…という
その『何を?』について、
理解した上でまた自分もそれを次の世代に伝えないといけないのだが
でもやっぱり、…
どうしたらいちばんいいか?は分かるのですよ。
大人になって、自分は今もう一度見ておくべきだ。と。…分かるんだけど。私は…

その辺の事について考えてました。結局やっぱりでも、ダメなんす
誰宛てなのかは言わなくても分かるだろうから伏せとく
おいらテレ屋さんなので。しかしこんな長文の一番最後で大丈夫かしら…えへ。
ビリー部
どっちが間違ってるとかじゃないんですよ
どっちも間違ってないんだと思います(そんな事は言わなくてもお分かりだと思うんですけどお><)
まあ、で同時にじゃあ
どっちが正解であるのか…て言えば、
それもまたどっちも正解であり正解でないのかなと
全くこう、言われてた通りで、さまざまな考え方があるっちう事なんだなあ。…と
本日この文章をダラダラ打ちながらも思いました。
大体自分自身の中でもまとまってないという事に気付きましたよ
本当、ありがとうございます(イロイロな意味で)