FC2ブログ
西と思ったら東に行けば間違いない
自分が楽しんで書いてますが皆さんも楽しんで頂けると望外のよろこび
2019/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/11
・・ようこそ・・

9/30
この最後に出てくる動画がすごい好きでたまらんデイリーポータルZ『ティッシュを投げる』



2011/04/16(土) 22:30 つれづれ
妄想×読書…
今朝はなんかスゴくいい夢を見た気がするのー
起きたと同時に忘れたのだが、
なんちうかあのー…
傷口に優しく絆創膏を貼られてスリスリされるみたいな
そういう感じが続いておるので、いい夢だったのだろう!!
兄さんが出てきたのかなあ。それとも…てな感じですが…
たいへん茫洋としておるわ。

先日読んだ三島由紀夫の短編集『岬にての物語』の中の話、
主人公と言うかなんというか
モロに森田さんのイメージだったのでドキがムネムネしたよ
少年と老画家が出てくる話で、その少年がまあ森田さんなんですわ。

画家が少年の絵を描いたが、
少年はその描かれた自分の影の無い表情が気に入らずに
オレもイロイロ悪い事をしてきたんですと画家に語るも
その画家は驚きもせず説教もしないので、内心うろたえる少年
そんでそんな画家から最後に少年に1つ質問するんですが
それに対する少年の答えと、その後の「しまった」て表情から
画家は絵のタイトルを『十九歳』にしようと決める…てな話だが。
その短編じたいズバリ『十九歳』です。
そんでその質問というのは、いちおうネタバレになるのでアレですが…


大まかにまとめ

「…気になってる女の子に、想いを伝えるつもりは無いのか?」という
画家からのそんな内容の問いに、少年の
「そんな事をして気まずくなるより、言わずに今まで通りの方がいい」と…
そういう旨の発言を聞いた画家が振り返って微笑み、
そこで少年は自分の発言に照れてしまうんですのよね。
もう、この一連の流れがスゴいかわいい
話の冒頭から「森田さんのイメージだなあ…」と思って読んでおったのだが、
最後のこのオチではまってしまった
短編だからサラッとドラマ化とかしてくんねえかなあなんて、
まあ無いだろうけど。たまりませんですばい