FC2ブログ
西と思ったら東に行けば間違いない
自分が楽しんで書いてますが皆さんも楽しんで頂けると望外のよろこび
2019/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/11
・・ようこそ・・

9/30
この最後に出てくる動画がすごい好きでたまらんデイリーポータルZ『ティッシュを投げる』



2011/10/03(月) 23:26 つれづれ
芸術の秋
映画の看板を見て、岡田に似てる人だなあと思ったらブラピだったよーー
イケメンにはなんぞ共通項があるのかしらね!!

そうして昨日はヨーロッパ企画の『ロベルトの操縦』を観に行きました
タイトル通りロベルト(兵器)を操縦する話だった
兵器と言っても劇中では乗り物としてしか使われておらず、
砂漠の基地から海を目指してそのロベルトでひたすら走るみたいな内容
面白かったなあ
「銀河の運命がかかってるんですよ!!」という、
そのセリフで爆笑する様な話でした。(※言ってる本人は大真面目)
掘り下げようとすればなんぼでも掘り下げる余地はあるのだが、
そんでそこから心を抉る様な感動大作に仕上げる事も出来ると思うけど
分かっててやんないんだモン♪て感じだった。まあいつもそうなんだけど
そうして自分はその淡泊さが好きなんですが、
そりゃまあ全部そうなったらツラいなーと思うけど
ひとつのジャンルとして、こういう肩の凝らない話もいいよね☆みたいな。
そもそも今回の話も設定がなんか戦時中つーか
『何かの軍』てな感じだったんです、
それがまあナニと戦ってる(?)のかは最後のほうで分かるんですが。
さっきの「銀河の運命が!!」てセリフが絡んでくるのだが、
ロベルトを走らせてる途中で拾った人が実は小惑星だかのエンペラーで
そのエンペラーが持ってるなんたらを悪い人達が狙っていて、
その悪い人達が地球を取り込んで…なので
エンペラーを乗せているロベルトが、
味方のハズの地球の軍隊に追わてれるんですけど!みたいな。
しかしそうした悲壮感はロベルト側には欠片もなく
「いいよ行っちゃおーぜ泳ぎたいもん!!」てな感じ
(※エンペラーは『水の惑星』に逃げようとしている)
そんでロベルトで宇宙まで出ちゃいましたみたいな所で終わる。
こういうのもなんだが、
失うものが無い代わりに特に得るものも無い様な話でした。
やっぱヨーロッパ企画は面白いなあとは思ったが。