FC2ブログ
西と思ったら東に行けば間違いない
自分が楽しんで書いてますが皆さんも楽しんで頂けると望外のよろこび
2019/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/11
・・ようこそ・・

9/30
この最後に出てくる動画がすごい好きでたまらんデイリーポータルZ『ティッシュを投げる』



2011/11/09(水) 22:11 つれづれ
勿論本気ですよう
本気でないなら「愛してる」と言うべきではない。
でも、本気ならおおいに言うべき。みんな忘れている。Jessica- 8歳

「愛とは?」への20人の子供の答え:とみー(別窓で開きます)

おばちゃん目からウロコがポロポロよ!
ヨッシャーーー、なれば言わせて頂きましょう兄さん愛してる、…と…
しかし『幸せとは』は自分の中で答えが出てるが
じっさい愛って。愛ってなんだろう。って
そんなの今までにも何度となく言ってきてるではないですが
自分にとって、愛とは!票数です!!と、いや違います
自分にとって!愛とは!!=V6でありますよ!!と!!
でもそもそも『愛』という言葉というかたぶん漢字の事だと思うが、
新しいものだっていうじゃない。
明治だったか、英語のLOVEに相応するものが無かったから愛を作ったとかなんとか
(※ぐぐりもせず聞きかじりの曖昧な記憶で書いてるので全然違ってたらすいません)
LOVEの概念に恋を当てはめなかったのは正しいなあと思うけど、
まあでも一文字で表す言葉は無くても概念としては存在してましたでしょうね
要するに『お慕い申し上げております』だろう…。
ソレを『愛』(というか I love you ですね)て言ったら、
なんかちょっと違う様な気もするけど
そこはまあ、日本語のなんというか奥ゆかしさとかなんとかそういう感じ
まさしく「月が綺麗ですね」の世界になってくる様な。
だがッ
ソレはソレとして美しいものですねと認めつつもしかし
でもやっぱり言わないとっていうか
心の内の想いですもの、形にしないと相手には分からないって話なの><
もしくは伝わってはいても改めてこう
『愛してる』(さっきからこの言葉をミスしまくるシャイなわたくし)…と
ハッキリ伝えられるとソレはソレは
胸の奥底から喜びのさざ波が
まるでこう、草原を吹き渡る風のよんな。I will get there の PVみたいな
大きく広がっていくという事ですよ…
8歳のジェシカちゃんいいこと言うなあ
日本の(3)じゅーにさいのゆきちゃんも頑張らなくては。



つづきはちょっと、なんと申しましょうか
自分でもどうなるのかなみたいな話です(ジャニ関連では無く)
完全に余談で面白い話ではないです。





『愛』て言葉が比較的新しいという説は、
改めてぐぐってみたら『近代に入りLOVEの意味をあてる様になった』て事で
近代っていつだ。大体戦前を指すという様な話ですが
でもまあだいたいそんなもんなのかなあ。
漢字そのものは昔っからあったみたいですねよく分からないけど
…自分が思ったのは、
大体いま現在の『愛』の概念が存在してなかったら
キリスト教はどのように受け入れられてたんだろうか…という
なんちうか日本的なアレンジがなされて、
ヨーロッパとかで信じられているキリスト教とは全く別物になっておるとは
遠藤周作の小説でしばしば語られていた所なのだが、
自分は正直その辺イマイチピンときてなかったんですが
(理解はするんだけど…)
そもそもオリジナルのキリスト教が分からないからなあ…と思ってたが
本日というか、この間からこの『愛とは-20の回答』を見てたら
何となくながら輪郭が掴めてきた気もするかなあ。って
なんつーか…
『愛』の言葉はあっても、その概念は神父さん達が語るソレとは違って…
なので日本に於けるキリスト教は、名前はキリスト教であっても。と。

ほんとに狐狸庵先生の小説を読んで受けた影響は計り知れない
まあ、自分は何か熱心に宗教を信仰しとるのかつったらそんな事も無いんですけど
しかしどうなんだろう。
でも無神論者という訳でもなく、まあ今日の一般的な日本人の姿ですよな…

更についでに言えば
自分はその…。
『神は乗り越えられる試練しか与えない』という言葉に違和感を覚えるのだった
あのー…。それだと、
生きている人にしか目の向いてない言葉の様な気がして、
じゃあ亡くなった人は何なんだろうって。
人間の力ではどうしようもない事もあると思わざるを得なかったのだが。勿論
生きてる人への希望の言葉だと、そう考えればそうだなあと思いますが
しかし自分にとっては神とは人間に試練を与えるものでなく
むしろ人間のそばにあって、
一緒に試練を乗り越えようとしてくれるものではないんでしょうかって
神も共に苦しんでいる、そういう存在なんではないかと
そう思う様になったんですよね…