FC2ブログ
西と思ったら東に行けば間違いない
自分が楽しんで書いてますが皆さんも楽しんで頂けると望外のよろこび
2019/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/11
・・ようこそ・・

9/30
この最後に出てくる動画がすごい好きでたまらんデイリーポータルZ『ティッシュを投げる』



2012/05/03(木) 21:07 つれづれ
ノープラン2日目
心配していた天気も回復して(広島)本日は宮島!
宮島ロープウェイに乗って弥山に行きましょうという訳で
昨日と同じ電車で広島駅まで出て顧問と合流、
宮島へゴーです!!
なめてた
連休の宮島なめてた。
そして弥山の『ハイキングコース』も。

大体連休後半の広島は花フェスティバルがあって、
街中は非常に混むんですが
まあその分宮島はそうでも無いんじゃねーかと思ってたけど…
全然そんな事ありませんでしたですよ
とても混んでいました!船で座れないとか!!
そして回廊で入場制限(?)をしてるとか!!おお
宮島が混むのって正月と、あと8月の水中花火と…。
アレは本当に混むと聞きますからして
行った事無いけどそもそも島に渡れなくなるとかって。
たぶん8月のソレに比べたら「よりは少ない」て感じなのかもしれないが、
イヤでもあんなに混んでるのは初めてだったよお
まあ大河の効果もあるんだろうと思う!
昨日は分からなかったが本日は実感した!!で
なので回廊も早々諦めて迂回したんですけど
大体その迂回路に人が多いってのにまたビックリした
そんなにか。
ロープウェイ乗り場に行く無料バスがあるんですが、
まあ乗り場まではそんなに距離は無いみたいだし。と
なんだっけ。ゆっくり歩いて10分、時々走って7分だったかな。
じっさ10分くらいで乗り場に着いたら整理券配ってて、エェーな感じです
ロープウェイて普段は時刻表に基づいた運行なんだけど
本日はまさしくピストン輸送いうやつで。そこで乗るまで3~40分くらい待っただろうか
その間にも待ちの人がどんどん増えて凄かったんだよおう。大河ってスゲーな!
そしてその段階ではまだ我々も
「弥山(ちなみに『みせん』)歩いて1時間くらいって」
「そんならちょうどいっすよねえ」みたいな感じだったのだが、…

長くなりそうなのでつづきはつづきに書きますだ。
顧問え
一昨日の出雲から昨日本日と広島、3日間お疲れ様でした(>∀<)
なんかあのう、足のダメージが心配です
ごゆっくりオヤスミになってNE☆
ほんとに楽しかったです!ありがとうございましただ
しかしまあノープランな割にアクティ部でしたなウフフ
(そしてメシのセッティングだけはキッチリと…笑)
つづき

弥山
ブログとか見たら「ハイキングコースで」とか
「そんなにきつくなかったです」て(コレ確かに見た)あったから
ああそうなのかなあ、と思いつつ
でもやっぱ歩く分には違いないしスニーカーとGパンで行こう!という事で
じっさいちょっとアレだったんですね
雨やんだしスカートでもええかしらん。悩んだんだけど。
や、やめといてよかった
本当にGパンにしといてよかった。
そしてロープウェイに乗る前にリポDを飲んでいた自分
アレなあ。後からほんと自分、よかったって思った
リポDを飲んでおいて本当によかった。
ハイキングって、ハイキングってそういうもんなのか。
自分がそう思ってなかっただけでじっさいはああいう、
山道を分け入って時には岩をよじ登ってみたいな
まさしくファイト一発な感じだったんですけれども、
そうなのか。意外とハードなんですね…
人生に於いて2度目の遭難をするかと思いましたエヘヘ
まあしかし、順路というか案内板に従って歩いてたし
見る限り道も続いてる様だから違っては無いだろうとは考えてたが、
だけどなんていうか予定してた道のチョイスを間違えただけで。
帰りもロープウェイに乗るつもりだったのが、
なんか歩いて下山のコースに入り込んでまして
気付いた時点でサテロープウェイ乗り場に戻るかこのまま下りる、か…。
このまま歩いて下りる方を選んだ我々
この判断が正しかったのかどうかはちょっと分からないんですけども、
まあ。でもあのう。
きつかったけど楽しかったんだよ。
下界の混雑が嘘の様に人がいなくて(ソレもそうだよな)
途中で橋の代わりに鉄板を渡してあるポイントがあったのだが、
顧問が先行
鉄板の上で飛び跳ねる顧問。を、立ち止まって眺め
顧問が渡り終わったのを確認してから鉄板を渡る自分。…イヤ
なんか2人一緒に渡ると危ないかなとか思ったってのもあるんですけど
ソレにしても自分はなんか、その
アラ嫌だ万が一の事があったらコレは自分だけ助かるじゃないみたいなフヒ
い、イヤ…
本当にあの時点ではそんなつもりは無かったんだけど本当に
でもなんか冷静に振り返ってどうなんだって感じでエヘ☆
そんでまあ、
自分は通常からどっちかっつーと足が遅いというか
歩くのも遅いんですが、
顧問は逆に歩くのが早いほう。
ソレがあのガチ山道でもペースが変わらないのでスゴいとおもいました!が
自分も自分で、そんな顧問に合わせようとしないで
(単純に合わせられなかったというのもあるのだがソレにしても諦めるのが早い)
いつも以上のちんたらペースで、階段とかもう一段ずつ上がり下りしてエヘ
待ってとかも言わないのもナニなんですが
だって、あんまり遅れてたら待っててくれるだろうと思ったんだもーん♪
すいませんでした!(>3<)
しかしあの山道をガンガン進む顧問とのろのろ歩く自分、と
それぞれが割としっかり自分のペースを守って余り干渉しないでおるという辺り
※そんで肝心の所では待っててくれるもーん☆とか確信しているわたくし
なんちうか、こういう感じだから10年(以上)続いてんだろうなあとか考えていた。
割とあのう…
なんちったらいいのかしら
倫理…というか、
生活の上での諸々根本的な部分での譲れないんだよね!的な面に於いては
考え方がキッチリ一致しておって
割と何気ない所でのマナー云々とかそういうので、
「あっソレはワタシもそう思います!!」みたいな感じで。
だけど好みやら何やら、
そういった所では結構むしろ対照的だったりとかして(でもノリは同じだが)
ですねえ。だからなのかな。…ああ
願わくばコレからも続いたらいいです。>< …
弥山から下りてくると心が洗われるよとか途中で会ったおやじが言ってたが、
ほんとだねえフヒ
逆に言えばそこまでガッチリしないと落ちないほどのウフフ
でも兄さんにはいつもピュアなんですけどNE!

山を下りて人の多さに驚きつつ、
そんでまた更にアスファルトの快適さにもビックリしました。
「アスファルトが布団みたいです」て、
その時は特におかしいとも思わずに言ってたのだが
こうしてみると本当に訳が分からないよ…
遅い昼飯にお好み焼き入って、
結局市電で座って帰ったんですけども本当にお疲れさまでした
市電で本気出したら結構速いんだなというのでビックリしたけど、
速い。しかし揺れる、まあ揺れる
そのがくんがくん揺れる中でオヤスミになってた顧問
自分は自分で、市内線で無い市電てのが新鮮で
途中若干気絶しつつも車窓を楽しんでました。
帰りの在来線では完全に気絶した
もよりから歩いて帰ったが、
アスファルトは布団なので楽勝でしたわい。フフ。