FC2ブログ
西と思ったら東に行けば間違いない
自分が楽しんで書いてますが皆さんも楽しんで頂けると望外のよろこび
2019/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/11
・・ようこそ・・

9/30
この最後に出てくる動画がすごい好きでたまらんデイリーポータルZ『ティッシュを投げる』



2012/08/26(日) 13:10 野球
ブログネタで始まりブログネタでシメます
以前もネタにしましたがカープ広報比嘉くんブログ
自分はこの比嘉広報の責任を取らない感じの簡潔な文章が好きで、
なんちうかそのー。…まあ
球団広報ブログだし
このくらいの距離感がちょうどいいよねっていうか
あんまり突っ込み過ぎず激励といった事もせず、
ほどほどに応援してるよーんみたいな姿勢が良いと思うであります。
大体この比嘉という人は元選手で、
そんで確か高校野球で活躍してたんでなかったっけ。
自分的にはその選手時代の印象が割とあるので、
ごつい体のいかついおっさん顔スラッガーというイメージがある訳なんですが。
その比嘉が今あんな「みんな、頑張ってね☆(^.^)/」みたいな文章書いてんのかと思うと
…ソレはソレでときめくよなって…

先日ビックリしたのは吉年がスコアラーとしてブログに登場してた事だった。
この人も元選手だが、
そんでまた高校野球で岡山関西(岡山の名門校だが最近あんまり出てないっけ?)で
左のエースとして活躍してカープに入って、
期待してたけど結局怪我で道を絶たれたんでしたかねえ…。
細身の長身で見た目のイメージ的にはまさしく藤浪君とかぶる感じだったけど、
先日ブログで野村君と並んでるのを見て二度見しました。
「エッ、吉年ってあの!?」「なんかゴツくなってる!!」「スコアラー?」
そういえばそうか。野村君も岡山かと思いつつ
(自分でもその『野村君は岡山県出身』て情報をいつ知ったのか全く思い出せない)
そーか吉年はスコアラーになってたのか。
田村恵がスカウトになってたのもビックリしたが
この人も甲子園で活躍して…
眼鏡を掛けた小柄なキャッチャーで、古田二世て感じで期待されてて…。
いまむーを釣ってきたのがこの人だったというのでまあそうなのおって感じでした
鯉のスカウトの慧眼はほんとにもう…
だがまた待遇もかなり恵まれているという話を最近知りました。
車も支給されてて厚生年金に入れて、新幹線もグリーン車で?移動とか
なるほどソレで「誰だ」みたいな選手を見出してくる訳ですか。まあ
近年は高校野球で活躍した選手を指名するミーハードラフトとか言われてるが、
じっさいソレが成功してるんだもーん♪(´ε`)
ちうかしかし、既に完成されてた感のある野村君はともかく(今も成長してるが)
いまむーと堂林は鯉だからここまで育ったという見方も出来る
育てたというか育った…ヨネ。
堂林はまだノムケンさん付きっきりでという面もあるけど、
それでもまあまだ途上ですが。
鯉でなければそもそも1軍でここまで使われてないからねえ
そして、いまむーはほんと環境に育てられたよなあ。て感じ
敢えて言うなら大竹さんがいてくれてよかったといった所。

大体スカウトの田村さんのインタビューでも語られていた
アレはまだいまむーが覚醒前だったとは思うけど、
「なかなか本気出さない」「自分の気が向かないと本気出さない」「滅多に本気出さない」

なんか
ソレで…。
ボンヤリとこう「ああソレで…」て思う部分もあるっていうか
恐らくコレまではその、
たまにしか本気出さなくて飄々とやってたんだろうかなあと
去年の談話とか見てても大概言われてたもんなあ
掴み所が無いとか打たれても抑えても淡々としててよく分からないとか…
今年リードしてたのを追いつかれて大竹さんの久しぶりの勝ちが結果的に消えたものの
その大竹さんに慰められてベンチで泣いた時、
正直アレで初めて本気で悔しいとか思ったんでないかという感じ。
覚醒というよりは本来の実力をコンスタントに出す様になったといった所なんですが、
やっとこう、プロ野球選手になったのネッみたいな。
と言っても確か堂林と同い年なのでいまむーだってまだ21だかその辺の若造である。
野村君だって23だしマエケンさんも24だっけ。今年25になるんだったか
年齢的に見たらまだまだ若手の域にいるので、
(大竹さんも27とかだった様な…)
じっさい特にマエケンさんは「やっぱまだ若いんだなあ…」と、
良くも悪くも感じる事がある。エースつってもなあ。みたいな
まあ野村君がなんというか達観してるので相対的に若く見えるというのもあるかもですが。
こないだだってベンチで泣いてたから心配してたんだが
ブログ見たらなんかいつものマエケンさん通常営業って感じで安心した。
ああ。今度は堂林かそれとも栗原か、いまむーのブログだろうか
誰がナニのステマをするんだろうってほんとにねえ。
マエケンさんのステマブログはもうネタの域でおもしろいよ。