FC2ブログ
西と思ったら東に行けば間違いない
自分が楽しんで書いてますが皆さんも楽しんで頂けると望外のよろこび
2018/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/01
・・ようこそ・・

9/30
この最後に出てくる動画がすごい好きでたまらんデイリーポータルZ『ティッシュを投げる』



--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013/10/01(火) 21:21 野球
前田様
引退なさる前に今の思いとかをまとめておきたいのや、
まあまとまらないだろうけど…

あっ前回の日記に拍手ありがとうございます!!('Д'*)ゞ



大体にしていつの間にか何となく、という感じでカープファンになってた私ですが
その当時前田様の背番号はまだ31番で
アキレス腱の怪我の前の時期で
要するに『3番センター前田』の頃だったんですが。
あの当時から、
試合中はなんつうか侍のオーラが漂ってて(でもシーズンオフの番組ではいい笑顔)
背番号が前田様念願の1番になって、
でもその後にアキレス腱の怪我があってー。アレも神宮だったな
前田様のいない打線、ていう
だけどお帰りになった時の歓声はどんなもんかしらんとか思いながら。
コレまたオフの番組で、
背番号1番とセンターの位置は空けてあるからなとかって浩二さんに言われたりしてたな
球団もファンも前田様を待ってた訳ですね。
復帰なさって以降、しばらくは
やっぱ怪我の影響があるんだなあとかそんな事を生意気に思ったりしたが
そんでもやはりカープの中軸を支えてなさるわ前田様っ。て
そこから私は10年程度ブランクがありますが
その間は、なのでボンヤリとライトファンて感じで経過と結果は確認しつつ
勝てば嬉しいけどでも順位を見ると、ああー。てなったりしながらですね
そんでいつの間にか前田様は代打の切り札な存在になられてて、
去年ですが
じっさい野球自体久しぶりに観に行って
競った試合で、ああもうソロソロなんとかしないとねえ…!!て
そんな時に球場の空気がまさしくどよめいたんですわね。
何があったのかと一瞬思ったけど、ネクスト見てあっ背番号1番だ!!て
その時点でもう凄い事になってる訳で
歓声が凄すぎて球場のアナウンスが全く聞こえないという
よく、甲子園で桧山がコールされる時「バッターは…桧山」と
その後のウオオーーって盛り上がりが凄いという話を聞くが
前田様の場合はそういう事は無くて、
むしろベンチから出て姿が見えた時点でもう前田様だけの空間になるっつうか
その空気が体感できただけでも「今日来てヨカッターー!!」とか思ったもんですが、
そんでその試合は前田様何球か見た後のセンター前に勝ち越しタイムリーだった。

幸せ者で
去年から数えて私は前田様の打席は球場で3回観てて、
ヒットは3本で。3回とも勝ってる
2回目も去年、9月のオワリの巨人戦で9回裏1死だったかな
あの時は初球打ちでなかったかなー。
タイムリーでは無かったけど、巨人の抑えの西村を崩すのには十分て感じの綺麗な
コレもセンター前だったなそういえば。
その後のあまやんが逆転タイムリーでサヨナラ勝ちした試合なんですけど、
そんでその時ヒロインであまやんが、
「前田さんがお手本みたいにきれいなヒットを見て、ああやって打てばいいんだと思った」つってて。

3回目は今年の5月だったか(※4月でした!)(ご指摘ありがとうございます)(≧Д≦)
コレも巨人戦でデーゲームでしたが
7回裏に3点差から1点追い上げて2点差になった所で前田様、
そういえばこの時もセンター前だったんだよなあ。同点になるタイムリーでした
試合は延長戦松山の内野安打で勝った。V報の写真は前田様だったと思うけど。

引退についてはボンヤリとながら、
まあ頭のどこかで覚悟してたというか
近い内には…なんだろうなとは思ってたんですが、
でも今年だとは考えてなかったもんで
あの怪我があって、でも今回は絶対お帰りになるだろう!!て感じで
そう信じてたもんでですね。
でも今回引退会見をラジオで聞いてて
まあしかしその時点ではとにかく前田様の引退なんてイヤだイヤだそんなのーーって
冷静に受け入れる余裕は全く無かったんですが、
翌朝の新聞で改めて会見でのお言葉をじっくり読んだ時に
そーか前田様がそう仰るんなら。…ていうか
もう数年前から何度も引退の意思はあったんだなあっていう
そんだったらもう引き止める事は無いんでないかな。などと
その時点ではナゼか一旦妙に納得してしまい、
以降は割と落ち着いてた感じで
コレは引退試合も冷静に見たりとかするのかなー。…と
そう思ってたんですが。
関東でのご挨拶の時もそんな感じだったんだけど
でもその晩の元気丸で浩二さんが「お疲れ様でした」て言ってたのを見た時に、
なんかやっぱり私は、
頭では前田様引き止めてならんとかって分かってても
だけど感情の面でやっぱり前田様グラウンドからいなくなるとか信じられない
背番号1番の。あの聞こえない「バッターは、前田」が無くなるとかそんなの
来年からはもう見る事が無いなんてそんなの。

落ち着いたのかなと、そう思ってた間も
決して無理してたとか感情を抑えてたとかそういうのは無くて
アレはアレで自然だったなって感じなんですが、
でもなんかいきなりタガが外れたみたいになりまして。

私は見届けるとか出来るんかなあと思う。
そんな冷静に見る事は無い…というか、出来ないんじゃないかなと
自分の眼で見るべきだみたいな使命感も無くて
むしろその時の前田様の事をしっかり記録しておきたいなという
私はそっちなんですが、
(勿論自分の眼で見ておく事を否定してる訳ではないです)
でもその時に私がどうなるかわからんのでなんとも
見ていたいと思うのか、記録しておこうとするのか
なんかそのー。
寂しいとも悲しいとも、そんで更にいえば悔しいも少しはあるんですけど
だけどなんつうのかねえ。
江村君の死球が今回は確かにきっかけのひとつではあったけど、
でもその怪我が全てだったみたいに言われるとなんか違う様な気もして
江村君本人には特にコレといった悪い感情は無いんですが、
むしろ頑張って欲しいなとは思うけどでも
『江村君のせいだけで』前田様が引退に追い込まれたみたいな
なんか、そういわれるとイヤちょっと待ってとか思ってしまう訳です…
確かにあの怪我から思う様に回復しなかったから、て
そうは言われてたけど。
でもなんか江村君が全部背負うみたいなのも違う気がするっつーか
むしろお前が背負うなよとか思ってしまう
なんかそんな。この辺は言葉にするのが難しいんですけど
何ていったらいいんですかねえ…。
当てたのが、たまたま江村君てだけっていうか
うーんなんつうか。
前田様の分まで大投手になれよみたいな、
そういうの言ってほしくないんですよね正直
イヤ勿論いい投手になってほしいとかは思うけど、
でもそこに『前田の分まで』て言われますと。そんなのはやめてほしい
たまたまぶつけただけの話で、
なんつーか江村君に前田様を背負ってほしくない
前田様は前田様であって。
そんで、もう完全燃焼っていうんでしょうかでもこの言い方も好きでないが
だけどご本人曰くもうとっくに限界は越えてたと言われてるんだし
なんつーか江村君が背負う余地すら無いと思う。

…イロイロと矛盾やら破綻やらあるんでしょうけども(やっぱりまとまらなかった)
引退試合の後だと、たぶん気持ちも変わるんでないかなとも思いますが
というかその時は今回以上にまとまらないでしょうね。
ほんとに3日は来てほしくないんだけど、
でもそういう訳にもいかんしさ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。