FC2ブログ
西と思ったら東に行けば間違いない
自分が楽しんで書いてますが皆さんも楽しんで頂けると望外のよろこび
2019/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/11
・・ようこそ・・

9/30
この最後に出てくる動画がすごい好きでたまらんデイリーポータルZ『ティッシュを投げる』



2006/10/01(日) 15:43 つれづれ
とても楽しい2日間でしたわ
昨日の私(この場合『わたくし』)は、
今井雅之さん主演の舞台The winds of God を観に行っておりましたのよ
現代の漫才師2名が戦時下の特攻基地に
タイムスリップすると言う内容ですけれど、
今回はそのお隣の厚年で∞のコンサートをやっていたので
もしかしたらネタになるかしら…と
ちょっと期待をしながら観ておりまして。
そうしたらじっさい「若い方も沢山いらっしゃいますが、
何なら今から隣の関ジャニ∞の3回目に行ってもいいですよ」と
そう仰っておられましたわ。
∞には、その前の日に参りましたから私…、
ちなみに客席の反応はややウケと言った所でしたかしらね。

今日はそのwinds of Godの感想を申し述べるつもりでいますのよ
ただ、そうすると必然的に内容に関するネタバレになってしまいますから
全国ツアーも11月始めの沖縄までございますし、
まだご覧になられていなくて尚且つネタバレNGと仰る方は
ここから先はお読みになられない方がよろしいかと存じますわ。


それから、
拍手をくださった皆さま本当にありがとうございます
とても励みになりますのよ。(今日はこんなんですいません)


それではこちら↓からお入りになられて。
今日もまた長いですわよ。

つづきでしてよ(この文体はココまでですから)


もしかしたら今回は初見の人が多かったのかな?ちう印象でしたよ
ドラマを見て興味を持ちましたという人もいるんだろうなあ。
あのドラマでは、どっちかつーと寺川さんが話の分からない軍人で
分隊長さんはちょっといい人的に描かれてましたが
舞台では逆なんす。
寺川さんが、兵学校上がりで軍人気質ではあるものの
段々と時間が経つにつれちょっとずつ兄貴分的な面を見せる人で、
対して分隊長さんはもうバリバリの軍人なんですが…
最後に一瞬だけ後悔の念を表すっちうかなんちうか。
ドラマでは妙に達観してた山ちゃんも舞台では相当弾けてるしなあ~
山ちゃんは輪廻転生の研究をしてて、
現代から来た(と主張する)アニキとキンタさんの理解者になる子ですが
その現代人のアニキとキンタさんもまた、
なんちうか舞台のアニキはもっと悪あがきをしようとするし。
じっさい山ちゃんも結構ハデ目に取り乱したりする
取り乱すというか、特攻に出るその決意そのものは変わらないものの
でも本当は死にたくない!と言う気持ちをアニキにぶつけるのよね
そうしてアニキも、戦争はもうすぐ終わるんだし
こんな若いのに死ぬ事は無いじゃないかつって
俺達と逃げようと言うんですけど、
山ちゃんは現代人2名の登場により
自分の研究が正しかった事が証明された事を喜び、
最終的にはアニキの説得を振り切って
自分の肉体が滅んでも魂は永遠に生き続けます…と
言葉を残して特攻に出て行くんでありますけども。
そのね。
肉体が滅んでも魂は永遠なんですという言葉がねー。

現代人2名も、最後は特攻に出て行く訳ですが
先にその決意を固めるのはキンタさんの方で、
アニキはそんなキンタさんを止めようとする。
特攻ったって人殺しだぞと言うアニキにキンタさんは、
「それが戦争というものです」て言うんですが…
なんちうか、最初はどうにかして逃げようとか
こんな時代は不便でやってらんねーとか言ってるキンタさんが、
最終的にはそういう考えになってて
態度や服装も軍人然としていく様子がある面では怖い様でもあり。

特攻に出て行く理由はそれぞれ、
寺川さんは自分の存在価値をそこへ見出すためと話す
アニキに「歴史なんて変わりはしないんだよ」と説得されても、
その事は寺川さんも恐らくは理解しつつそれでもやっぱり…
「自分に出来る事はこれしかない」と言うのが根底にあるんだろうけど
そこまで思い至る背景が~、…あ~~。
山ちゃんにしろ松島さんにしろ
戦争に対しては疑問を抱きつつそれでも特攻へ出て行くという所が
まさしく、それが戦争というものですか…


題材が題材なので、
特攻隊とか戦争を美化してるとかなんとかいうご意見もある様で
その辺りの事はしかし、単にそう言って反対したいだけの人もいれば
そうではなくて、ご遺族の方の想いなどもあったりなどして
一方方向でだけでは語れない事だとは思いますが
だけどー…しかしこの話にしろ何にしろ、
観て感想が「特攻隊を美化してるからけしからん」だけではないだろうに
なんか他にも思う事があるでしょうが。
ドラマになった時に、
自分の好きな話がドラマ化!というのも嬉しかったんだが
ドラマならもっと沢山の人が見るだろうというので、
それもまた嬉しかったのでありました。で
剛くんがキンタさん役をやるという事だったんで
まあ剛くんがあの役を…!てんで期待とまあ、不安もちょっと
それでもってそうしたらV6ファンも見るであろうからな!という所で
そうすると、最初はだって剛くん出てるから★だとしても
見終わった後にちょっとこう心境の変化とか、
何か考えるきっかけになったりとかするといいな。と

神風は基本的に、毎年
今年が最後かもしれないという舞台なので
ドラマもよかったけど舞台も映像化しないかなあ…
NHKの劇場中継でやったりとかスカパでやったりとかはあったけど。
DVDにならないもんでしょうか
そら生で観る迫力にはサスガに敵わないものの、
でも~。観られなかったりとか
これからの人にとか、
DVDだったらずっと残していけるのにと思う。

コメント:0 トラックバック:0

愛してるとかを超えたところに V6ファンから見た∞コン初めて
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する