FC2ブログ
西と思ったら東に行けば間違いない
自分が楽しんで書いてますが皆さんも楽しんで頂けると望外のよろこび
2019/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/11
・・ようこそ・・

9/30
この最後に出てくる動画がすごい好きでたまらんデイリーポータルZ『ティッシュを投げる』



2008/02/14(木) 20:58 V6
ぼちぼちソロソロ
本日はバレンタインデーですが
以前にも申しました様に、
私にはバレンタインなんて必要ないッ
ナゼならそんな特別な日を設けて頂かなくても
1年中を叫んでいるからだ!ラヴ!!
昨夜も兄さんの写真を見ながらヨロヨロしてしもうた!
そう言えばまだDVD見てないです
なかなか…というかだって、
パッケージ見てたらなんかソレだけでOKになっちゃうんだもおおん
今の状態で見たらどうなるのかなあ。

さて
先の火曜日大阪行ってまいりました
以蔵ー
会場に行く前も後もなんだかイロイロな目に遭ったのだったが、
しかしその道のりの大変さを差し引いても…という事で
たぶんネタバレ全開の感想文になると思うのでつづきに書きます
反転はしてないよ!そしてグダグダですよ!! …というので
なんと申しましょうか…。
いきなり結末に関するネタバレをする様なのだが。すいませんエヘへ
アレなんだよね。
最期にしかし、
見た物がまんさくの花でよかったねって
なんかあのー。。
話そのものにつきましては、
アレが時代の流れっていうもんなのかねえという気がする
改めて幕末スゲエと思いました。けどさでも、
坂本竜馬にしろ
そんで今回の話には直接絡んでは来てないものの
吉田松陰とか高杉晋作とか、
立場は逆だが新選組の一派にしても
なんか皆夭折なさっているじゃない。…幕末って
時代が変わる時の強烈なエネルギーってそういうもんなんでしょうかのう
そういう、スゲエバイタリティを持った人達を次々生み出して
だけどその人達をキッチリと受け入れる土壌は出来上がってませんでしたのか。

そんな中で以蔵さんはどっちかっちうと道具としてあった訳なんだろー…。
武市先生とか、
自分自身がやってる事に対して一切疑問が無かったのかな
まあ、無かったんだろうな。
それぞれにとっての天があって~、
だけどソレは動くものであるという事が
最後の最後になって分かったのでよかった。…と思う
気付くのがおせーよっちう向きもあるだろうけど、
そうした意味でみっちゃんは気の毒だったよなあ
でも、みっちゃんの事があってこそ気付いた様なもんなんですからねえ
うーん。でもねえ。あー。そのー…。
繰り返す様なんだが、
でもやっぱ…気付いた事はよかったですよな
どういうきっかけであったにしても、
天は動くものなんですと
武市先生にもまた、分からせる事ができてさ。


森田さん、なんかの演劇雑誌で
「森田以蔵とは呼ばれたくない」という様な事を言ってたが、
そーですね。
今回の岡田以蔵は、やっぱり森田さんとは全く別の人ですもんね
だけどでもやっぱりカーテンコールになると、
なんかいつもの森田さんの姿を見て
ソレはソレですんげえええかわいいんだった。
イヤ、以蔵さんは以蔵さんでかわいいんだけどもさー
武市先生以外には完全にツンな所がまたね…。みっちゃんには、
なんていうか最近の意味でのツンデレだったけどさ
かんわいかったなあ。…以蔵さんとか、
みっちゃんとか
幕末はやっぱり受け入れてくれない時代だったんですかのう。

ところで本筋からは外れるが
私は竜馬が「以蔵さん」て呼ぶのがスゲエエエツボだったんだよ
好きなんだよ名前にさん付けって
ソレもまた幼馴染の関係で、
しかもまあ今回の場合はまあ役者さんのアレもあるんですけど
竜馬の方が年上の様に見えるのに「以蔵さん」「竜馬」てのが大変、こう。
そんで戸田エリカちゃんが予想外…て言ったら失礼なんですけども
でもよかったなーって。イヤー
初舞台って話だし、
観る前まではうーんどうなのかしら…?て思う部分もあったんですが
よかったですなあ
声も通りがいいし、みっちゃんのスナオになれないけどかわいい感じ
…なんかね。本当
みっちゃんが不憫でしかたないでありますよ。ううう
幸せになってほしかったよ。
でも以蔵さんの最期にまんさくの花を見せてくれてありがとうと思う
海は見えなくても、その花は見えるんだろ。

コメント:0 トラックバック:0

お気付きでしょうか 布団の国から
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する